業火の試練の周回用編成

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年3月10日のアップデートにより、このクエストは「火の試練」にリニューアルされました。

「上限解放の試練」火の試練 VH 周回用編成の記事はこちら!

私が業火の試練の周回に使用している周回方法と編成を紹介します。

業火の試練を周回する際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

業火の試練とは

業火の試練とは、エクストラクエストの素材クエストの1つで、『赤竜鱗』や『業火の石片』などの火属性トレジャーを効率よく集められるクエストのことです。

『赤竜鱗』の使用用途は火属性のキャラや武器の上限解放、バハムートウェポンをノヴムに強化する際に30個必要になる等です。

『業火の石片』は火風属性キャラの覚醒レベルを4に上げる際に7つ必要のほか、アーカルム召喚石の5凸の時や火のセラフィックウェポンの強化、火と光属性の無垢なる竜の武器の作成などに使用します。

十天衆の最終上限に必要な『白竜鱗』と違い、それほど必要数が求められないので、周回数は極光の試練よりは少なくて済みます。

なるべく下記のエクストラクエストAPが半分の時に業火の試練を周回して集めてましょう。

周回するタイミング

業火の試練は通常、消費APが40と重く、周回するのにはコストがかかります。

周回するならエクストラクエスト消費APが半分の時を狙って行うと、半汁の消費が抑えられます。

周回用編成

私はこのような編成で業火の試練をフルオートで周回しています。

素材クエストは周回が前提なので、フルオートで終わらせられる編成にしています。

  • ジョブとアビリティ

まず、ジョブはベルセルクを選択。

FreeアビリティはアローレインⅢ、ツインサーキュラー、アーマーブレイクⅡをセット。

順番はこの通りにしないと、フルオート戦闘で効率よくクエストを周回できません。

  • パーティーメンバー

キャラクターですが、フルオートでアビリティを使用しないキャラをメインメンバーに入れています。

リチャードは3アビを習得してしまうと使用してしまうので、3アビは習得していません。

主人公しか行動しないので、メインメンバーはアビリティを発動させないキャラなら、どの属性のキャラでも構いません。

水属性のアビリティを使わないキャラは現在、SSR水リーシャ、SRエリン、Rジブリールの3人で、SSR水リーシャ、SRエリンは3アビを習得していない場合のみのようです。

2人とも3アビを習得しているので、ジブリールと他の属性のアビリティを使用しないキャラをメインメンバーにしています。

サブメンバーは周回のお供、エッセルと土レ・フィーエです。

  • 装備

武器はこのような編成になっています。

虚空の裂剣はアーマーブレイクⅡの成功率を上げるため。

D・ビィはトレジャードロップ率アップ目的で装備しています。

召喚石はリヴァイアサン・マグナとザ・ムーンが固定。

他は性能の高い召喚石を装備しています。

  • フレンド石

アイテムドロップ率がアップするカグヤやホワイトラビット、ノビヨ等を選んでクエストを始めます。

戦闘の流れ

戦闘が始まったらフルオートに切り替えます。

  • 1戦目

主人公がウェポンバーストⅢ、アローレインⅢの順でアビリティを発動させて敵を倒して終了。

2戦目

主人公がツインサーキュラーを発動させて敵を倒して終了。

  • 3戦目

アーマーブレイクⅡを発動後、主人公の奥義で敵を倒して終了。

『赤竜鱗』はクエスト1回のドロップ数は最大3個。

『業火の石片』は1個なので、頑張って周回しましょう。

タイトルとURLをコピーしました