エンジェル・ヘイロー周回用編成(火属性)

スポンサーリンク
トレジャー周回
スポンサーリンク

火属性の終末の神器を5凸化できたので、以前のものよりアイテムドロップ率を上げた火属性でのエンジェル・ヘイロー周回用の編成を組んでみました。

敵が光属性のため、相性の問題で闇属性編成ではダメージを出しやすいです。

火属性はそうではないので、ダメージを出すには強力な武器を装備するなど工夫が必要です。

スポンサーリンク

『エンジェル・ヘイロー』とは

エクストラクエスト『エンジェル・ヘイロー』の主な目的は、武器のLv上げに必要なアークエンジェル武器やたまにドロップする「白竜鱗」、「朽ち果てた武器」を入手するために行うクエストです。

また、エンジェル・ヘイローのクエストを成功させた際にたまに出現する『ディメンション・ヘイロー』でドロップする「銀片」や「銀の依代」も目的の1つです。

十天衆の上限解放や限界突破に必要なトレジャーで、大量に必要となるので周回が必要です。

周回するタイミング

一番高い難易度のVERY HARDは通常消費APが20ですが、周回するのには大量のエリクシールハーフ(半汁)が必要となります。

周回するならエクストラクエスト消費APが半分の時を狙って行うと、半汁の消費が抑えられます。

周回用編成

私はこのような編成で『エンジェル・ヘイロー』のVERY HARDをフルオートで周回しています。

  • ジョブとアビリティ

ジョブは黒猫導師を選択。

Freeアビリティは不要ですが、通常のオート戦闘で周回するので設定していても構いません。

  • パーティーメンバー

今回は火属性キャラをメインに2人編成します。

エッセルはドロップ率アップのため必需で、主人公が3戦目のアークエンジェルコアを討ち漏らした時用に2人目に入れています。

3人目は火属性で通常攻撃できれば誰でもOKです。

3人目も アークエンジェルコアを討ち漏らした時用に配置です。

4人目以降は自由です。

土レ・フィーエはメダル入手目的で編成しています。

サブメンバーに闇SRリチャードを編成。

アビリティでアイテムドロップ率UP(1%)があるのを忘れていました。

もう一人は誰でも構いません。

クリスマスマリーも戦闘終了後にトレジャーを入手することができるアビリティがありますが、大したものが貰えないので、時間短縮のため編成していません。

  • 装備

武器はこのようになっています。

メイン装備時にアイテムドロップ率UPする「セプティアンバーナー」をメインに装備。

同じくアイテムドロップ率UPの 「D・ビィ」 をサブに装備しています。

四象降臨で入手できる「ネプテゥヌスの槍」と「アネモイの銀琴」は、少しでもランクポイントや経験値を稼ぐ目的で装備しています。

「トリートスティック」は戦闘終了時にたまに貰える、経験値を得られるアイテムを入手する目的で装備しています。

それ以外は火属性の火力が上がる武器を装備しています。

  • 召喚石

召喚石はアイテムドロップ率が上昇する召喚石を装備。

所持している召喚石の中で、アイテムドロップ率が上昇する召喚石の中で上昇量が高い「カグヤ」を装備しています。

  • サポーター召喚石

サポーター召喚石はカグヤの4凸を出来れば選び、無ければホワイトラビットなどのアイテムドロップ率が上昇する召喚石を選んでクエストスタートです。

戦闘の流れ

クエストは通常のオートで周回です。

1,2戦目は主人公の攻撃で終了。

今回の火属性編成
闇属性編成

闇属性編成に比べ、火力が落ちています。

このため、3戦目のアークエンジェルコアを確実に落とすために主人公を含め、火属性キャラを3人編成しました。

3戦目はエンジェルコアは1撃、アークエンジェルコアは3撃入れればクエスト終了です。

アークエンジェルコア以外は主人公の1撃で撃破出来るので 、1,2番目のキャラがシングルアタックしてしまったことを考え、3人火属性のキャラを編成しました。

闇属性編成よりアイテムドロップ率UPの効果が高いですが、有利属性ではないので火力の高い武器が必要となります。

火力が足りなければ「ネプテゥヌスの槍」や「アネモイの銀琴」、「トリートスティック」 を外して火属性の武器に交換して火力を上げましょう。

クエスト終了時に『ディメンション・ヘイロー』が低確率で出現します。

現在は『エンジェル・ヘイロー』のVERY HARDを10回周回すれば確実に出現するようになりました。

そこそこ強いので、初心者やまだ銀片を必要としていないならスルーしてもかまわないと思います。

ディメンション・ヘイロー周回用編成

タイトルとURLをコピーしました