エンジェル・ヘイロー 周回用編成

スポンサーリンク
トレジャー周回
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『エンジェル・ヘイロー』とは

エクストラクエスト『エンジェル・ヘイロー』の主な目的は、武器のLv上げに必要なアークエンジェル武器やたまにドロップする「白竜鱗」、「朽ち果てた武器」を入手するために行うクエストです。

また、エンジェル・ヘイローのクエストを成功させた際にたまに出現する『ディメンション・ヘイロー』でドロップする「銀片」や「銀の依代」も目的の1つです。

十天衆の上限解放や限界突破に必要なトレジャーで、大量に必要となるので周回が必要です。

周回するタイミング

一番高い難易度のVERY HARDは通常消費APが20ですが、周回するのには大量のエリクシールハーフ(半汁)が必要となります。

周回するならエクストラクエスト消費APが半分の時を狙って行うと、半汁の消費が抑えられます。

周回用編成

私はこのような編成で『エンジェル・ヘイロー』のVERY HARDをフルオートで周回しています。

  • ジョブとアビリティ

ジョブは「黒猫導師」を選択。

「黒猫導師」と同じく、敵全体を通常攻撃できる「賢者」でもOKです。

Freeアビリティは不要ですが、通常のオート戦闘で周回するので設定していても構いません。

  • パーティーメンバー

敵は光属性なので、メインメンバーは闇属性キャラを編成します。

編成するキャラクターですが、最後のLv30 アークエンジェル・コア以外は主人公の1撃で倒せます。

アークエンジェル・コアも主人公がダブルアタックを出せば倒せます。

シングルアタックでうち漏らしたとしても2人目で倒せるので、メインメンバーは闇属性キャラで攻撃を行うキャラなら誰でも構いません。

サブメンバーは周回のお供、エッセルと土レ・フィーエです。

エッセルはサポートアビリティのアイテムドロップ率UP(10%)、土レ・フィーエは戦闘終了時、カジノメダルを入手することがあるので編成しています。

  • 装備

武器はこのようになっています。

メイン武器の「D・ビィ」は闇属性の杖で、スキルによりアイテムドロップ率が上昇するので装備しています。

四象降臨で入手できる「ネプテゥヌスの槍」と「アネモイの銀琴」は、少しでもランクポイントや経験値を稼ぐ目的で装備しています。

「トリートスティック」は戦闘終了時にたまに貰える、経験値を得られるアイテムを入手する目的で装備しています。

もし、エンジェルコアを1撃で倒せないなら、上3つの装備の代わりに攻刃のスキルを持つ武器を装備してください。

  • 召喚石

召喚石はアイテムドロップ率が上昇する召喚石を装備。

所持している召喚石の中で、アイテムドロップ率が上昇する召喚石の中で上昇量が高い「カグヤ」を装備しています。

闇属性キャラが光属性の敵に対して与ダメージが上昇するデスは固定。

他は性能の高い召喚石を装備しています。

  • サポーター召喚石

フレンド石はカグヤの4凸を出来れば選び、無ければホワイトラビットなどのアイテムドロップ率が上昇する召喚石を選んでクエストスタートです。

戦闘の流れ

クエストは通常のオートで周回です。

1,2戦目は主人公の攻撃で終了。

3戦目は主人公がダブルアタックを出せば敵を全滅させて終了。

シングルアタックなら、2人目のキャラがアークエンジェルコアを攻撃して終了です。

メイン召喚石を「セレスト・マグナ」に交換したり、攻刃スキルのついた武器を増やすなどすれば、アークエンジェルコアも1撃で倒せるようになりますが、2人目の攻撃で確実に倒せるのでアイテムドロップ率を優先しています。

クエスト終了時に『ディメンション・ヘイロー』が低確率で出現します。

現在は『エンジェル・ヘイロー』のVERY HARDを10回周回すれば確実に出現するようになりました。

そこそこ強いので、初心者やまだ銀片を必要としていないならスルーしてもかまわないと思います。

ディメンション・ヘイロー周回用編成はこちら!

今回の記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました